トップ > インプラント基礎知識 > インプラントと歯周病

インプラントと歯周病

インプラント 歯周病

 現在、入れ歯やブリッジに替わる治療法として注目されているインプラント治療ですが、ちょっと注意が必要です。 歯が抜けた時、見た目や不便さから「インプラント治療で早く歯を取り戻したい」と考えがちです。 しかし、インプラント治療を行う前になぜ歯が抜けたのか、考える必要があります。

 歯が抜けた原因が歯周病であるならば、あなたが最初にしなければならないのは歯周病の治療です。

 歯周病は歯茎の中の歯周病菌(プラークまたはバイオフィルム)が骨の組織にまで進行することで症状が悪化します。 歯周病菌が骨組織の細胞を食べていき、歯槽骨と呼ばれる歯の周囲の骨が溶けていくのです。 そして放置すると、歯が抜けてしまいます。 これが歯周病です。

 骨に埋め込むインプラントはチタンという金属で出来ています。 インプラントは埋め込んでいる骨に永久に結合します。ですからインプラントの場合も、本来の歯と同様にインプラントの歯から骨へと歯周病菌の感染があり、歯周病になることがあります。

 インプラントと結合している骨に歯周病菌が感染すると、インプラントの失敗へとつながります。 どんなに高額なインプラント治療を施しても、土台となる骨の部分の治療を怠ると治療効果はなく、無意味なものになってしまうということです。 インプラント治療の成功ためには、手術前に口の中の全体の歯周病組織を良い状態にする事が最重要事項です。

 

 また、インプラント手術が無事成功しても、歯周病から口を守るために、口の中を毎日清潔に保ち、噛み合わせのバランスを点検することも必要です。 歯周病は最初はほとんど痛みもなく慢性的に進行します。 ですから、初期の歯周病の段階で治療できるように歯科医で定期的に歯の検診を行うことが必要不可欠になります。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。
 インプラント治療の基礎知識について説明します。 インプラント治療とはどんなものか? インプラント治療に適している人はどんな人か? 料金はどのくらいかかるのか? 良い歯科医の探し方は?など、基礎的な疑問についてお答えします。
関連記事

インプラント治療の費用

虫歯を治療しなくてはいけないけれども、ブリッジで健康な歯を削りたくない。 また、だからといって入れ歯は絶対いや!・・・ そんな方に耳寄りな方法にインプラント治療があります。 インプラントはチタンで作られてます。これはあごの骨にしっかり固定され、いわば歯の「脚」といえます。 これに人工の歯を装着するの...

インプラントは必要か?

 インプラントの必要性について考えてみましょう。 近年よく耳にするようになった歯科治療法の「インプラント」。 これは事故や虫歯で失ってしまった歯の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工の歯を装着する治療法です。 入れ歯などと違って、人工歯はインプラントで完全に固定されている...

インプラントと歯周病

 現在、入れ歯やブリッジに替わる治療法として注目されているインプラント治療ですが、ちょっと注意が必要です。 歯が抜けた時、見た目や不便さから「インプラント治療で早く歯を取り戻したい」と考えがちです。 しかし、インプラント治療を行う前になぜ歯が抜けたのか、考える必要があります。  歯が抜けた原因が歯...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2008年02月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2007年11月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2007年11月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント治療の方法」です。2007年11月22日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索