トップ > インプラントのトラブル > 妊娠中のインプラント治療

妊娠中のインプラント治療

妊娠 妊婦 インプラント

 近年男女ともに様々な年代で人気のインプラント治療ですが、妊娠中でもインプラント治療はできるのでしょうか?

 1から4ヶ月目の妊娠初期は、やはりつわり等で精神的にも不安定になっていることが多く、また、胎児も安定してないので流産の可能性を招く心配もあり、避けた方が賢明です。

 5から7ヶ月目の妊娠安定期では、インプラント手術は可能なことは可能ですが、難しいインプラント手術(骨移植を伴うものなど)は避けた方が良いでしょう。

 妊娠8ヶ月以降の妊娠後期に入ると、、体内の血液の20%が子宮に集中し、手術中に貧血を起こしてしまう恐れがあります。 さらに、この時期は子宮の筋肉が分娩準備状態に入ります。 すると、ちょっとした刺激で子宮収縮を起こしやすくなるため、早産してしまう可能性もありますので避けましょう。

 ところで、インプラント治療は手術そのものだけでなく、麻酔やレントゲン、抗生物質や鎮痛剤なども必要になってきますが、それらも胎児への影響はあるのでしょうか?

 インプラント手術に使う「リドカイン」という麻酔は無痛分娩も使われますが、無痛分娩のときよりも少ない量なので胎児への影響はほとんどありません。 また、レントゲン線量も、問題ない程度しか用いられませんが、影響は全くないとは言い切れないので、防護エプロン着用や、撮影回数を最小限にするなどの配慮は必要です。 抗生物質や鎮痛剤に関しても胎児に影響のごく少ない薬が使用されます。

 とはいうものの、妊娠時期は非常に不安定でデリケートな時期です。 なのでインプラント治療は受けることは可能ですが、もしものことを考えて、慎重になった方が良いと思います。

この記事のカテゴリーは「インプラントのトラブル」です。
 機能的にも審美的にも優れた歯科治療法として確立されているインプラント治療ですが、欠点がないわけではありません。 インプラント治療で起こるトラブルや欠点・短所などもしっかり理解しておき、納得したうえで検討しましょう。
関連記事

妊娠中のインプラント治療

 近年男女ともに様々な年代で人気のインプラント治療ですが、妊娠中でもインプラント治療はできるのでしょうか?  1から4ヶ月目の妊娠初期は、やはりつわり等で精神的にも不安定になっていることが多く、また、胎児も安定してないので流産の可能性を招く心配もあり、避けた方が賢明です。  5から7ヶ月目の妊娠安...

インプラント手術のトラブル

 最近テレビや新聞で話題となり、以前よりも身近に感じられるようになったインプラント治療。 でも、インプラント手術は決して簡単な手術ではありません。 インプラント手術を経験した人はどんなが実際にトラブルがあったのか、気になるところですよね。  インプラント手術の後によく見られるトラブルには「痛み、腫...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2008年02月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2007年11月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2007年11月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント治療の方法」です。2007年11月22日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索