トップ > インプラント治療の方法 > サイナスリフト法の利点と欠点

サイナスリフト法の利点と欠点

サイナスリフト法

 歯を失ってしまった後でも、自分の歯とほとんど変わらない機能を持った歯を取り戻し、快適な食生活を取り戻すことができるインプラント治療法。 インプラント治療は審美性も兼ね備えていることから、現在注目されている歯の治療法です。

 そんな素晴らしいインプラント治療のメリットをより多くの方が享受することができるように、その技術は日々進歩しています。 その1つに「サイナスリフト法」と呼ばれるものがあります。

 上あごの奥歯の部位は歯が抜けた場合、たいてい、その部分の骨は通常より少なくなってしまいます。 院プランと入れる部分の骨の厚みや高さが不足しているとインプラントを入れるのは技術的に困難です。 このため、以前は短いインプラントを入れるか、治療をあきらめざるを得ませんでした。 短いインプラントを入れたとしても、これはこれで、将来的に耐久性が不安です。

 「サイナスリフト法」とは、インプラントを入れる部分の骨量、骨幅を増大させる新しい治療法です。 骨の高さが数mmしかない場合でも、サイナスリフト法で10数mmのインプラントを埋入することが可能なのです。 この方法は、上あご骨の上に存在する空洞に移植骨や骨補填材を注入し、上あごの底の部分を押し上げてインプラントを埋入可能にする骨のスペースを作るのです。

 サイナスリフト法のデメリットは、治療に時間がかかるということです。 場合によっては即時にインプラントを入れるケースもあります。 しかしほとんどの場合、手術を行ってから骨が熟成し硬くなるまでに、半年は待たなければなりません。 さらにそれからインプラントを埋入するため、約3ヶ月、合計で9ヶ月ほどかかります

 また、サイナスリフト法は歯科医院によっては行っていない場合があります。 非常に高度な技術が必要だからです。

この記事のカテゴリーは「インプラント治療の方法」です。
 インプラント治療の方法について説明します。 インプラントは入れ歯などと違って、外科手術を必要とするのですが、どのような方法で、どのような過程で行うのかを理解しておくことで、インプラント治療に対する不安をなくすことができます。
関連記事

インプラント治療に適している人とは?

 歯科医療の中で注目されている治療法「インプラント」。 これは歯のなくなった箇所にインプラントを埋入し、人口歯を装着する治療法です。 さて、インプラント治療に興味のある人は「自分にも適しているののだろうか?」と疑問に思う人もいるかと思います。  基本的にはどんな人でもインプラントに適していると言えま...

インプラント治療の成功率

 最近よく耳にするようになったインプラントですが、入れ歯やブリッジの欠点を克服した最先端の歯の治療として人気がありますね。  インプラントを入れるときには外科手術を受けることになるのですが、やはり手術というからには、気になるのは成功率。 このインプラントの成功率についてお話しましょう。  実はイン...

サイナスリフト法の利点と欠点

 歯を失ってしまった後でも、自分の歯とほとんど変わらない機能を持った歯を取り戻し、快適な食生活を取り戻すことができるインプラント治療法。 インプラント治療は審美性も兼ね備えていることから、現在注目されている歯の治療法です。  そんな素晴らしいインプラント治療のメリットをより多くの方が享受することが...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2008年02月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2007年11月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント基礎知識」です。2007年11月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「インプラント治療の方法」です。2007年11月22日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索